ミノキシジルは副作用あるけど効果絶大

ミノキシジルの副作用を知った上で使用しよう

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは成分の一種で、元々は血管を拡張するためのものだったそうです。

その後、発毛に効果的であることが分かり、発毛剤として用いられるようになりました。

当初は、高血圧のための内服薬として使用されていましたが、後に内服薬では副作用が見られたため、現在では外用薬としてのみ販売されています。

ミノキシジルの一般的な副作用としては、頭皮のかゆみなどが挙げられます。

また、外用薬の基剤であるプロピレングリコールという成分にアレルギー反応が見られることもあるようです。

そして、多量に使用しますと、低血圧を引き起こす可能性もあると言います。

あまり知られていない副作用としては、頭痛や不整脈、霞み目や、手足のしびれや痛みなどがあります。

これは多量に使用した際に見られる症状で、時にはそれ以外でも発症する可能性はあるようです。

異変を感じた際には、早めに医師の診断を仰ぐことをお勧めしているようです。

ミノキシジルを使用している間は脱毛を抑制することができますが、使用を止めますと脱毛が起こり始めるのだそうです。

医薬品でもあるミノキシジルの配合量ですが、これは男性と女性でも違うようです。

女性用の発毛剤は男性用に比べ濃度が低くなっているようで、その配合量は1パーセントと言います。

そして、男性用の発毛剤は濃度が高いため女性は使用できないのだそうです。

手軽に入手できるようになった今だからこそ、使用に当たっては十分注意したいところです。

ミノキシジルの効果としては、血行を良くするといったものがあります。

新陳代謝が良くなるため、薄毛の原因である頭皮の血行不良が解消され、発毛が促進されるのです。

主な副作用としてはかゆみや炎症で、頭皮の状態が悪化するため脱毛に繋がる恐れもあると言います。

その他の副作用は、低血圧や体毛が濃くなること、そしてむくみや倦怠感、体重の増加などの可能性があるようです。

しかし、全ての原因がミノキシジルにあるという確かな証拠はありません。

実際に使用して効果を実感したと言う人も多数いるようで、その効果の程がコチラです。

ミノキシジルの効果と副作用を確認する

ただ、前頭部の発毛にはあまり効果が期待できないとも言われています。

Comments are closed.